【連休中のお客様への連絡(Q&A)】 営業メール・連絡次第では指名数に変化が!

 

 

 

 

 - 連休中のメールって悩む… –

GWが終わったところですが

「連休中のメールって何を送ったら良いか悩むし、連絡しにくい」
 
といった内容のご質問を頂きましたので、
私なりの回答をさせて頂こうと思います。

 

あまり詳細が書かれている質問ではなかったのですが、
私も連休や社員旅行中の対応には困ることがあったので
なんとなく分かります。

 

単にネタに困るっていうこともありますが、
こんなことも言われるので更に困ってしまう。
 

 休み中に連絡をしないと:
 「店が営業してる時ばっかり」という感じを言われたり、思われたり…

 休み中に連絡すると:
 「休みの時まで一生懸命営業!?」という感じに皮肉を言われたり、思われたり…

これ、女性相手独特のものなんですかね??
もちろん一部の方ですけどね。
 

男性相手の皆さんには共通しなかったら申し訳ないのですが、
こんなことがあるので「連絡をしにくい」
という想いを連休中にはしました。
 

しかし、担当者から休日に連絡をもらって
嫌な気はしないのは確かでしょう。

それに、その後の為にも連休中には連絡を入れておきたいもの…。
現にGW明けの今、ノルマ付きのイベントに追われている方も多いと思います。

なので、出来れば連休中にも連絡することが得策ではあります。

 

「水商売の参考書」連休中のお客さんへの連絡

 

では質問の、どんなメール?ライン?
ですが…

いつも述べているように、それぞれの相手との「普段」がありますから
一概にコレっていうのはありません。
 

しかし、しいて言うならば、

 どんな休日を過ごしているか

でしょうね。
 

旅行に行っている場合、その後
連絡が取りづらい理由を述べていることにもなります。
 

ちなみに作文っぽくなく。
いつ、どこへ、誰と、何々して、楽しかった・・・

と長々書くのも自然ではないので
あっさりめに。
 
「見て!ミッキー!」 + 写メ

彼氏さんや友達に
出かけてるとき送るならば、こんな程度ですよね。

単に共感してほしいだけのメールです。
 

お客さんは裏かいて「営業」ともとりづらいですし
親近感を感じるかもしれませんし、
特別感を感じるかもしれません。

 「ディズニーランド行ってたんだ」
などと返答あればメールの会話が続いていきます。
 

そして連休中が連日旅行で連絡する暇がなかったり、
息抜きで仕事を忘れたかったりで
結果的に連絡しなかったら…。
 

そんな時は「~~に行ってたから連絡とれなかった」なんて
言い訳と取られることは言わずに、お土産を!
 

「お土産を渡したい」って言うだけで
連絡しなかった理由はお客にスマートに伝わります。
 
 

 
 

 - 今後に生かす –

 

ただ、今回のご質問にお答えしたい内容はコレではありません。
 

私は連休のときは「反省の期間」としていました。

 連休中、とあるお客さんに

 ・連絡すると逆に不自然で営業感が丸見えに
   ⇓
  普段から店休日に連絡していないから
  
 
 ・連絡しないと不快に思われてしまう
   ⇓
  普段から連絡を店休日に片づけているから

 
 ・連絡する内容がない
   ⇓
  普段の連絡が営業メールばかりだったから
 

こんな感じでとらえ、
そのお客さんに対しての「普段」を徐々に改めていく
起点にしていました。

 
普段から
月曜日も連絡する場合もあるし
木曜日も連絡する場合もあるし
休んだ時に連絡する場合もあるし
店休日に連絡する場合もある

例えばコレを行うよにすれば
過去、私が言われた皮肉は言われなくなりますよね。
 
 

困っている時に何か対処を考えるのではなく、
普段を見直して、
次回は困らないようにする。

それが大事だと思っていました。
 

例えば誕生日イベントでも、
「花が集まらない」「お客が集まらない」

という結果は、
なにもイベントの誘い方、催促の仕方の良い悪いではありません。

前回の誕生日から ~ 今回の誕生日までの1年間の行いが全てであって、

 『誕生日イベントは1年の成績発表の場』

と捉えるべきなのです。
 

 

「メールの内容」の質問から大きく話を膨らましてしまいましたが、
なにか
「やりにくい」
「困った」

というときは、今ではなく、
「これまで」「今後の普段」を見つめ直してみると良いかもしれません。
 

 

今回のように、何かご質問がありましたらお気軽にお送り下さい。
私でも答えられそうな内容でしたら記事でお答えします。

当社Facebookページ
Club Diary Facebookページ
「メッセージ」を利用して頂くと気づきやすいです。

或いは当社宛て info@ligna.jpまで。
 
Takeshi Kawano

 
 

 
 
[Ligna. PR]
▼私が作った水商売手帳『Club Diary』のHPはコチラ▼
キャバ嬢・ホステス専用手帳のClub Diary「クラブダイアリー」
「タモリ倶楽部」「マツコの知らない世界」「あさチャン!」「スッキリ!!」など
多数TVで紹介されてます!
http://www.clubdiary.jp/
 
▼お店を経営・運営されている方はコチラもご覧ください▼
http://www.clubdiary.jp/for-shop/
 
▼キャバ嬢・ホステス向け通販モールも運営しています▼
キャバドレスも手帳『Night Mall』で!
http://night-mall.com/

 
アメブロでは日常ブログ
Club Diary製作者の日常ブログ
 
 
・ キャバ嬢・ホステスNo.1への営業心得|水商売の参考書
 

1403584927861

株式会社Ligna. 代表取締役 川野 剛志(かわの たけし)
1974年4月生まれ。
高校卒業後に警察官になるも、4年勤務の後に自主退社。
その後まもなくしてホストに転身。
ホスト店で6年間勤務を経てホストクラブを経営。現在ではオリジナル手帳を製作するなど異色な経歴をもつ。
ホスト時代は、勤務先で6年間、経営の店でもランキング競争から外れるまでNo.1を維持し、通算約11年間に渡って No1を守った。
開発したキャバ嬢・ホステス専用手帳(商品名:Club Diary)の機能性や効果、完成度の高さが注目を受けて活躍の場を広げる。
メディアでも多数の出演・商品の紹介をされている。

:メディア出演歴:テレビ朝日「タモリ倶楽部」,文化放送,J-WAVE,SBSラジオ,日経トレンディ,etc…
:商品出演歴:TBS「マツコの知らない世界」「あさチャン!」,日テレ「スッキリ!!」,etc…

 
Kawano SNS
~follow me~
※記事更新の通知を行っています

Takeshi Kawano | バナーを作成

Google+ (Kawano)
—————————-

 


 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

 
 

Pocket
LINEで送る




(投稿日:2015年05月17日)