【ホストを磨く前に人を磨け!】と言い続けた。水商売の接客は人となることから!

 

 

 

 

 - まず人間を磨け! –

 
私のホスト時代で、プレイヤーの頃では後輩に。その後は自分の店を持ちましたので、部下に対し。
私は彼らにタイトルに書きました言葉を常に伝えていました。

『ホストを磨く前に人を磨け』

或いは

『ホストになる前に人になれ』
と。

芽

 
 
水商売で相手するのは勿論人間・・・

だからなんです。

 
 
お客様がキャバ嬢やホステス、或いはホストに求めているものは、
日常で出会う異性との「違い」、又は「上のレベル」です。

このことは私の言葉でいう「ホストを磨く」という言葉に当てはまる箇所になります。
ここを磨けば水商売での成功をつかめるものと考えてしまいがちですが、それは違います。

 
接客業の土俵に立つには、まず普段のあなたを成熟させる努力が必要です。
まずは「人」のレベルに立ち、それから仕事上のあなたを磨くのが順序。

そこを誤って「人としてのレベル」が未成熟のまま、仕事上のことだけ磨こうとすれば、
それは単なる「背伸び」となってしまいます。

相手(お客)には、その背伸びが気付いてしまうもの。

・言ってることは立派な気がするけど… なんか違和感が
・気遣ってくれてる気がするけど… なんか嘘っぽい
・ん?今の行動… 素が出たか??

 
そうなんです。「人間味」というのは、にじみ出るものです。

 隠そうとしても 本性がにじみ出る
 背伸びして見せようとしても 本性がにじみ出る
 お酒を飲むから余計 本性がにじみ出る

 
例えば、私はこんなことが言いたいのです、

・仕事で性格を良く見せたいのであれば、あなたが本当に性格が良くなる必要があるということ
・仕事で知識が豊富な人と見せたいのであれば、あなたは知識を集める努力が必要ということ
・仕事で料理が出来る女と見せたいのであれば、あなたは普段から料理を勉強し、料理好きになる必要があるということ
・仕事で恋愛のアドバイスをするなら、あなたが恋愛する場合は常に「結婚」を考えるほど真剣に恋愛をすること。
・仕事で人に気に入られたいのであれば、プライベートで周囲の人に気に入られる人間になること。

こんな感じです。
 
 

 
 

 - 常識を学ぶ –

 

それから「常識」というのは絶対条件となります。

常識があっての、たまの非常識は、ギャップ?刺激?退屈でない?
一言で言い表せられないのですが、
『常識のくつがえし』はプラスとなったりもします。

 
しかし非常識だらけでは、水商売ではどうにもなりません。
どうにかなってたとしても、それは若さ、見た目、メディア等による知名度等、他の要素でどうにかなっています。
長く水商売をやっていくことは大抵が難しいでしょう。
それに、どうにかなってたとしても、非常識を直せば更に成績が伸びるはずです。

シャンパン2

 
 
私は、「常識人になって初めて接客の舞台に立てる」と経験で学びました。
どの仕事もそうだと思います。
礼儀・マナー・感謝の言葉・発言、等々です。

皆、「自分の常識が世の常識」と勘違いして年齢を重ねているもの。だからこそ、厳しく自分を見つめ直す必要があるところと言えます。

 
上手く伝えられたか不安ですが、
水商売を始めたばかりの方は何から努力すれば良いか困惑しますが、そこは慌てずに、
まずはプライベートでの普段の自分を見つめる努力から始めてみて下さい。

それから技術磨きに入れば良いのです。
何年か仕事してても伸び悩んでいる方も、もしかすると原因はここにあるかもしれませんので参考にしてみて下さい。

今はライバルより仕事が劣っていたとしても、「常識」が十分であれば認めてくれるお客様は必ずいます。

 
P.S.
勘違されないで頂きたいのは、完璧な良い子ちゃんになれと言っているわけではないということ。完璧な良い子は退屈ですから…。
土台は常識人になって、時には我儘を言ったり、わざと悪く見せたりする必要もあったりします。難しいですね…水商売は…)
 
Takeshi Kawano

 
 

 
 
[Ligna. PR]
▼私が作った水商売手帳『Club Diary』のHPはコチラ▼
キャバ嬢・ホステス専用手帳のClub Diary「クラブダイアリー」
「タモリ倶楽部」「マツコの知らない世界」「あさチャン!」「スッキリ!!」など
多数TVで紹介されてます!
http://www.clubdiary.jp/
 
▼お店を経営・運営されている方はコチラもご覧ください▼
http://www.clubdiary.jp/for-shop/
 
▼キャバ嬢・ホステス向け通販モールも運営しています▼
『Night Mall』
http://night-mall.com/
 
アメブロでは日常ブログを書いてます!
Club Diary製作者の日常ブログ
 
 
・ キャバ嬢・ホステスNo.1への営業心得|水商売の参考書
 

 日本人だけでも約1億人。ということは1億タイプの性格・趣味・好み等があるということ。
 全て一致はありえない。
 すなわち全く同じ客はおらず、その客は1億タイプ中の1タイプであり、
 接客する側だって全く同じは有り得ず、キャストも1億タイプ中の1タイプ。
 あなたのお客さん達のことも知らず、そしてあなたのことも知らずに、統一の「方法・コツ・術」などといった営業方法は残念ながらありません。
 そんな記事があるならば「無責任な記事」だと思っているのが私。
 そんなスタンスの中でもキャバ嬢さんやホステスさん、ホストさんにお伝えできる部分はあるので、それを書いています。
 どう書いたら良いか(メール術)、どんな会話をしたら良いか(会話術)、どんな行動をしたら良いか(営業術)
 など具体的な内容は、様々な相手を接客しているうちに、自分で経験のうえ習得していくもの。
 習得する為の「経験」で必要なのは、相手の観察、そのうえでのチャレンジです!
 私の記事が少しでもヒントになって頂ければ幸いです。

 
Kawano SNS
~follow me~

Google+ (Kawano)
—————————-

 


 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

 

Pocket
LINEで送る




(投稿日:2014年07月31日)