【来店記録と共に】 商品化したほど水商売で重要な来店記録!それと○○も重要!

 

 

 

今日は私の専門の、手帳記録についてです。

 

 - 「来店記録をつけよう!」 –

 
皆さんは、お客さんが来店するたびに
来店記録はとられていますか?

 
・どの程度のペースで来店している客か

・どの程度、来店せずに期間が空いてしまっているか

・だいたい月の何日頃、または何曜日に来店が多いお客さんか

などなどのデータが取れます。
 

そして、そのデータを元に、頭を使い有効に活用します。
 

会話中に間違えては失礼にあたるので
最後の来店日くらいは把握しておく必要だってありますしね。

 
とにかく色々と使えちゃうのが「来店記録」なんです。

 

 - Club Diary の来店記録簿≪Visitor sheet の紹介≫ –

 

私の作ったキャバ嬢、ホステス専用手帳
「Club Diary (クラブダイアリー)」

でも来店記録をとることが出来るページがあるのですが、

このページでは単に来店の日にちや回数のカウントを行うだけでなく、
その他にも様々なことを記録して頂けるように出来ています。

 
それは私が現役ホストの頃に行っていた手帳記録の中でも
最も重要と感じていた記録内容の1つです。
 

なにかと言うと

顧客ごとの会計の把握

なんです。
 
 

クラブダイアリーでは「Visitor sheet (ビジターシート)」
というページを使うのですが、
まずそちらをご覧ください

Visitor
 

顧客ごと、下から縦に記録していくのですが

来店時の
・日にちと曜日
・滞在時間
・会計金額

を記録します
 

それを期間ごとに集計し
期間中のアヴェレージも出します。
 

その他
・同伴の有無(カバンの絵を色塗り)
・入ったシャンパンやボトルの記入欄

もあります。
 

ちなみに
記入すると、この様になります
 

Visitor1
 
 

 
 

 - 懐事情を知るが双方のため –

 
 
今日お伝えしたいのは
来店記録簿を付けると同時に

顧客ごと、日々の会計額を記録する大切さ
です
 
 

商売はお金をたくさん使って頂かねば成り立ちませんが・・・ しかし

使わせすぎても成り立ちません・・・
 

使わせすぎかどうかは
その相手の収入や貯蓄によって異なりますよね
 

それを見極めたうえで
使わせすぎないよう、こちら側が懐事情を気遣います。
 

ホストの場合ほとんどが対応してますが「掛け(ツケ)」での来店。
それからクレジットカード払い。

この様な現金がなくても会計が済む手段をとるお客に
比較的多いのですが

つい背伸びして使いすぎてしまう人
 

たまのことであれば良いのですが
これが積み重なった場合
来店できなくなってしまう事態に

或いはお金を使わされるのが嫌になり
来店しなくなる事態に

いわゆる
パンク
です
 
 

新規客の獲得ばかり頑張っていて
ザルの様に既存客をこぼしていては
成績はいっこうに上がりません。
 

難しいことではありますが
新規客を獲得しつつ
既存客との縁を長くする

これしかNo.1への道はなく
これが出来れば出来るほど成績は高くなる
 

でも客が多くなればなるほど管理も多く
苦労が増えるのも事実ではあります

でも、とても重要なんです。
 
 
 
お金を多く使ってもらうよう努力しつつ

使わせ過ぎないよう努力する

一見矛盾してるようで難しい取組みではありますが

ここに着目してみてください!
 

それでは今晩も頑張ってください!
 
Takeshi Kawano

 
 

 
 
[Ligna. PR]
▼私が作った水商売手帳『Club Diary』のHPはコチラ▼
キャバ嬢・ホステス専用手帳のClub Diary「クラブダイアリー」
「タモリ倶楽部」「マツコの知らない世界」「あさチャン!」「スッキリ!!」など
多数TVで紹介されてます!
http://www.clubdiary.jp/
 
▼お店を経営・運営されている方はコチラもご覧ください▼
http://www.clubdiary.jp/for-shop/
 
▼キャバ嬢・ホステス向け通販モールも運営しています▼
『Night Mall』
http://night-mall.com/
 
アメブロでは日常ブログを書いてます!
Club Diary製作者の日常ブログ
 
 
・ キャバ嬢・ホステスNo.1への営業心得|水商売の参考書
 

 日本人だけでも約1億人。ということは1億タイプの性格・趣味・好み等があるということ。
 全て一致はありえない。
 すなわち全く同じ客はおらず、その客は1億タイプ中の1タイプであり、
 接客する側だって全く同じは有り得ず、キャストも1億タイプ中の1タイプ。
 あなたのお客さん達のことも知らず、そしてあなたのことも知らずに、統一の「方法・コツ・術」などといった営業方法は残念ながらありません。
 そんな記事があるならば「無責任な記事」だと思っているのが私。
 そんなスタンスの中でもキャバ嬢さんやホステスさん、ホストさんにお伝えできる部分はあるので、それを書いています。
 どう書いたら良いか(メール術)、どんな会話をしたら良いか(会話術)、どんな行動をしたら良いか(営業術)
 など具体的な内容は、様々な相手を接客しているうちに、自分で経験のうえ習得していくもの。
 習得する為の「経験」で必要なのは、相手の観察、そのうえでのチャレンジです!
 私の記事が少しでもヒントになって頂ければ幸いです。

 
Kawano SNS
~follow me~

Google+ (Kawano)
—————————-

 


 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

 

Pocket
LINEで送る




(投稿日:2015年01月08日)