気に入られたはずなのに、連絡が来ないのはなぜ…?

『神的営業法』は、水商売を支援する会社
(株)Ligna.が提供するコーナーです

ligna-HP_main

当社製品: Club Diary
~キャバ嬢・ホステス専用手帳~
成績・顧客・給料・日程など仕事上の管理が一冊で!
詳細は画像から「Club Diary HP」へ!

 

 

お客様に電話番号とアドレスを聞かれて、名刺に書いて渡したのに…連絡が来ない!なんで!?

・・・当然です!

連絡はこなくて普通なのです!
では、お客様の心理を解説してみましょう。

お客様、その時は確かにあなたを気にいっているかもしれません。

連絡先をもらったら連絡をしたいと、その時は思っているかもしれません。

 

「その時は」・・・

 

でも、次の日に冷静になってその名刺を見てみると、

≪面倒くさい≫という気持ちが勝ってしまう。

 

それは、衝動買いをした洋服が、次の日見てみると

「あれぇ?そんなかわいくないかも。」

というような気持ちになるのと同じで、

買物も恋心もその場のその瞬間が一番熱いのだが、

覚めるのは早いのだ。

 

まして、名刺にアドレス・・・の場合、

携帯電話でチマチマと手打ちで長~いアドレスを入力し、、、

という行動を想像してくださいな。

 

超、面倒くさい。

 

だから、後回しにしていると、ますます熱は冷めて行く。。。

 

つまり、連絡先は渡さずとも、「聞きだす」ということが

どれほど重要か!!!!

 

アドレスを聞き出す方法は、多少嫌われるくらい強引でもいいと思います。

 

 

私が良くやっていたのは、

スーツのポケットなどで膨らんでいるところを触って

「あれぇ?こんなところに携帯が!

変な写真は見ないから大丈夫ですよぉ。」

 

などと言いながら、新規メールで自分のアドレスを直接入力

送信、と言う方法が、一番成功率が高かった。

 

次の日、自分からメールができる、というわけです。

これは、新しいお客様に限ったことではなく、

付き合いのあるお客様でも、連絡はいつも自分から。

 

自分からメール、というよりは

返信、という形の方が数倍楽なのです。

 

そして、これは、合コンで気にいった人がいた時にも同じこと!(笑)

 

というわけで、連絡先は、必ず自分から聞きましょう。

隣に座ったら、必ず全員に聞きましょう。

 

【筆者:甲賀香織 プロフィール】
青山学院大学文学部卒業。東証一部上場コンサルティング会社にて、新規店舗の出店、業績不振店舗の再建などに関する営業・マネジメント指導、売上げアップのノウハウ創出に従事。
銀座並木通りの高級クラブで数多くの経営者、大物政治家などをお客様に持つナンバー1ホステスとなる。
ホステスを引退後、株式会社 True Heartを立ち上げ、水商売のための顧客管理・営業支援ツール「Legend」の企画・販売に携わる。


 

  ● TOPへ

  ● 【水商売の参考書】
     キャバ手帳開発者の元長期No.1ホストが連載!

 

Pocket
LINEで送る




(投稿日:2013年10月17日)