指名が重なってしまった時に、お客様を怒らせない秘密の方法

『神的営業法』は、水商売を支援する会社
(株)Ligna.が提供するコーナーです

ligna-HP_main

当社製品: Club Diary
~キャバ嬢・ホステス専用手帳~
成績・顧客・給料・日程など仕事上の管理が一冊で!
詳細は画像から「Club Diary HP」へ!

 

 

メールで個人的にいただいた質問が、とても良いテーマだったので、

こちらでお答え致します!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お客様が重なってしまった時に、なんと言ってなだめたら良いですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いやぁ、素晴らしい悩みではないですか!!

 

指名が重なってしまう時はバシバシ重なってしまうし、暇な時は暇。。。

そんなタイミングが悪いこともありますよね。

 

そもそも、なだめる以前に、怒らせない方法をご紹介いたします。

 

お客様はどんな時に怒るのか。

なぜ、怒るのか。

 

それは、自分が「特別扱い」をされていない、「大切」にされていない、と感じた時です。

 

下記は、お客様が特別扱いをされていると感じていただける方法の一部です。

 

 

① アフター、もしくは別の日の(お食事などの)約束を取り付ける

② 「ちょっと仕事してきますね。」と言う。(明美ママが良く言ってましたが、さすがだな、と思います)

③ ヘルプと仲良くさせる。(それでいて、ヤキモチの演技をする)

「別の席から、見てたんだから。」みたいな。。。

④ (最低限の礼儀ですが)お会計の際や、お見送りは必ず席に戻る。

⑤ 「ごめんなさい」ではなく「私が残念。」のスタンスで。

 

また、これには前提として、私はこの仕事を頑張っている、

そして、あなた(お客様)にも応援してもらえると嬉しい

ということが事前に伝わっている必要があります。

 

指名が重なる=売れっ子。

売れっ子で忙しい●●ちゃんが、俺を特別扱いしてくれて、別で時間も作ってくれる。

ヘルプの子も良い子だし、ヤキモチもやいてくれる。

 

そんなシチュエーションにお客様は満足するわけなのです。

 

 

そもそも、お店の商品と同じで売れている商品の方が

心情としては、買いたくなるわけなので、

この流れでは、席に着く時間が短かければ短いほど、

上記の事さえおさえておけば、お客様の満足度は上がるわけです。

 

しかも、座っている時間が短いので、常に新鮮で楽しい会話ができます。

 

限りある接客時間を有効に使えば、売上に限界はできないはずなのです。

逆に、接客時間だけで勝負をすると、

すぐに売上の限界は見えます。

 

頑張ってくださいね!

 

 

【筆者:甲賀香織 プロフィール】
青山学院大学文学部卒業。東証一部上場コンサルティング会社にて、新規店舗の出店、業績不振店舗の再建などに関する営業・マネジメント指導、売上げアップのノウハウ創出に従事。
銀座並木通りの高級クラブで数多くの経営者、大物政治家などをお客様に持つナンバー1ホステスとなる。
ホステスを引退後、株式会社 True Heartを立ち上げ、水商売のための顧客管理・営業支援ツール「Legend」の企画・販売に携わる。


 

  ● TOPへ

  ● 【水商売の参考書】
     キャバ手帳開発者の元長期No.1ホストが連載!

 

Pocket
LINEで送る




(投稿日:2014年04月07日)