初回客の心を掴む話し方

『神的営業法』は、水商売を支援する会社
(株)Ligna.が提供するコーナーです

ligna-HP_main

当社製品: Club Diary
~キャバ嬢・ホステス専用手帳~
成績・顧客・給料・日程など仕事上の管理が一冊で!
詳細は画像から「Club Diary HP」へ!

——————————————————————

 

悩む方が多いと思います
初対面の会話です。

インパクトのある
初対面の会話ってあるのでしょうか?

 

初めに言っておきますが、私、接客は苦手なんです…

勉強して最低限のテーブル周りのなどは人並みにできるようにはなりましたが
なんと言いますか… 気が利かない女です。

そんな私でも言えることは一つ。
初対面で気に入られてなくても、お客様はゲットできるということ!

とはいえ、どんな場合にお客様の心に残るのか。。。

顔がものすごく綺麗かドタイプか。
趣味などの話がマニアックに会話できたり、
などだと思います。

努力すべきは
趣味や、場合によってはお客様のお仕事のお話で、
話しが合うように見聞を広げておくことだと思います。

 

話しが合うといっても、
「私も好きです~」なんてことではなく、

「良くそんなこと知っているね!」
と言われるような会話ができている、くらいだと話が合う子だなと認識されるでしょうね。

 

 

私の場合、企業名を聞くとある程度近況が分かる銀座っぽい特技がありました。
有名な財界の経営者などの顔を把握していたり
経済の動きに興味があったのも理由です。

しかし、だからといってコレが決め手になり気に入られるということは、なかったように記憶しています。

それに原則として、しったかぶりはできませんし、
(知らなかった!教えてください!くらいがかわいいもの)
 

さらに言えば、例えこれをマネした方が良い、と言ったところで
努力でどうにかできるためには、数年間のたゆまぬ努力が必要かと…。
…つまり、非現実的。実行不可能。

・・・・
では何が言いたいかと言うと、

初対面の会話でインパクトのある話をしようとすることは
「無意味だ」ということ。

①それよりは、お礼メール時に会話の内容が送れるように
②しかも調べて知識を得てから送れるように
③そのためには、その方の興味のある分野をプロファイリングする気持ちで会話をする必要があります

大事なのはこの3点を実行することかなと思うのです。

あとは、加えて可能ならば、その場で次の約束をとる。
「好きな食べ物は何ですか?」
「それ、私も好きです!あっ!それなら、この辺に美味しいB級グルメのお店があるんです。今度行きましょうよ♪」
「いつにします?」
といった感じ…

私の初対面セールスステップ(営業の手順)は、
①メールアドレスを獲得する
②プロファイリングをする
③次の約束をゲットする。

これを実行するのみですので、虎視眈々とそのチャンスを伺っています。

会話相手にしてもらいながら、会話の軸の主導権は自分が握る。
初対面のお客様に対してでも、そんな接客ができたら良いですよね!

 

【筆者:甲賀香織 プロフィール】
青山学院大学文学部卒業。東証一部上場コンサルティング会社にて、新規店舗の出店、業績不振店舗の再建などに関する営業・マネジメント指導、売上げアップのノウハウ創出に従事。
銀座並木通りの高級クラブで数多くの経営者、大物政治家などをお客様に持つナンバー1ホステスとなる。
ホステスを引退後、株式会社 True Heartを立ち上げ、水商売のための顧客管理・営業支援ツール「Legend」の企画・販売に携わる。


 

  ● TOPへ

  ● 【水商売の参考書】
     キャバ手帳開発者の元長期No.1ホストが連載!

Pocket
LINEで送る




(投稿日:2016年02月19日)