メイクを落とさない人がエステに行く矛盾

『神的営業法』は、水商売を支援する会社
(株)Ligna.が提供するコーナーです

ligna-HP_main

当社製品: Club Diary
~キャバ嬢・ホステス専用手帳~
成績・顧客・給料・日程など仕事上の管理が一冊で!
詳細は画像から「Club Diary HP」へ!

 

 

そこのドキっとした、そこのあなた!

そうそう、あなたです!(笑)

 

オミズの営業は、この例えがわかりやすいかな、と思い。

 

きっと、ご存知の方も多いはず。

メイクを落とさずに寝てしまった時の、

肌へのダメージは肌年齢を10歳老いさせるとも言われています。

 

でも、悪習慣というのは、治すのが中々大変です。

それも、わかります。

 

そして、綺麗な肌になりたいと言って、エステに通ったり、

高い化粧品を購入するわけです。

 

 

営業も同じです。

営業するためには、名刺や携帯アドレスなどの個人情報が重要!ということは

多くの方が知っています。

 

でも、名刺はもらっただけで満足してしまい、

結局あまり営業に使わないのですね。

 

知っているけど、やらない、やれない。

 

そして、目の前の方への気遣いは完璧!

だから、せっかく完璧な接客でも、お客様は減って言ってしまうわけです。

(お客様は増やし続けない限り、必ず誰でも減っていくものなのです。)

 

日々、細かいことだけれど、

美容も営業も意識して良い習慣を身につけたいですね!

 

 

【筆者:甲賀香織 プロフィール】
青山学院大学文学部卒業。東証一部上場コンサルティング会社にて、新規店舗の出店、業績不振店舗の再建などに関する営業・マネジメント指導、売上げアップのノウハウ創出に従事。
銀座並木通りの高級クラブで数多くの経営者、大物政治家などをお客様に持つナンバー1ホステスとなる。
ホステスを引退後、株式会社 True Heartを立ち上げ、水商売のための顧客管理・営業支援ツール「Legend」の企画・販売に携わる。


 

  ● TOPへ

  ● 【水商売の参考書】
     キャバ手帳開発者の元長期No.1ホストが連載!

Pocket
LINEで送る




(投稿日:2013年02月21日)