ホステスのNG行動~口説かれて流す~

『神的営業法』は、水商売を支援する会社
(株)Ligna.が提供するコーナーです

ligna-HP_main

当社製品: Club Diary
~キャバ嬢・ホステス専用手帳~
成績・顧客・給料・日程など仕事上の管理が一冊で!
詳細は画像から「Club Diary HP」へ!

 

 

以前、明美ママの講義の中の一部で、ハッとすることがありました。

「お客様に口説かれて、それを流すなんてことは、誰にでもできる。」

ということ。

 

「俺の彼女にならない?」

「あっははは!○さんたら、何言ってるの?冗談ばっかり!」

これ、意外と銀座のホステスさんでもやってしまいがちではないでしょうか。。。

 

流してしまうホステスさんとしての言い分は、

お客様とは「お友達関係」になってこそ「長続き」する、

私の営業は「色恋」じゃないもの、というもの。

 

でも、、、

明美ママもおっしゃっていましたが、

確かに、これをやってしまっては「プロ」ではないですよね。

 

「上手に流す」なんてことは、

ホントに誰にでもできるんです。

 

では、どうするか。

しっかり受け止めた上で、対応していくのが正しいプロの行動。

 

想像してみてください。

あなたが好きな人、(いや、少しでも好意を持っている人で十分です)から、

「俺の彼女にならない?」と言われたら、余程の事情がない限り、

「あはは~」、と流すことはないでしょう。

 

仮に、間違えて or 照れすぎて、もしもその場は流してしまったとしても、

その後はなんだか意識してしまって、会う度にドギマギ、

「あぁ、もう一度チャンス来ないかな。」

なんて、ドキドキワクワクしちゃうでしょう?

 

その気持ち(感情)は、

明らかに先程の「お客様の口説き」を流した後の態度とは違うはずです。

 

 

つまり、何が言いたいかと言いますと、

ほとんどの男性は、この心理に気がついてしまっています。

 

「あぁ、俺は眼中にないんだな。」

というのが明確に伝わってしまうのです。

 

それって、、、

お客様じゃなくても、男として、誰だって、悔しいし悲しいです。。。

よほどの自信家でない限り、

「じゃあ、諦めるしかないな。」 となります。

 

本気で彼女になってほしいわけではなく、

それが社交辞令、挨拶変わり、言葉遊び、のようなものであったとしても、

男としては眼中にないと感じてしまうと、

楽しいなんて思えなくなっちゃいます。

 

男性は誰からもチヤホヤされたいもの。

 

俺、モテるんだ、本気を出せばいい女とも付き合えるんだぞ、

というところから仕事などの自信やモチベーションが湧いてくるもの。

 

まずは、自分の都合で考えずに、男性の気持ちになってみて、

真摯に受け止めることからスタートです。

 

次回は、受け止めた上で、どう対応するかについてを

テーマに書きますね!

 

【筆者:甲賀香織 プロフィール】
青山学院大学文学部卒業。東証一部上場コンサルティング会社にて、新規店舗の出店、業績不振店舗の再建などに関する営業・マネジメント指導、売上げアップのノウハウ創出に従事。
銀座並木通りの高級クラブで数多くの経営者、大物政治家などをお客様に持つナンバー1ホステスとなる。
ホステスを引退後、株式会社 True Heartを立ち上げ、水商売のための顧客管理・営業支援ツール「Legend」の企画・販売に携わる。


 

  ● TOPへ

  ● 【水商売の参考書】
     キャバ手帳開発者の元長期No.1ホストが連載!

 

Pocket
LINEで送る




(投稿日:2014年08月20日)