お客様は何を求めてる?

『神的営業法』は、水商売を支援する会社
(株)Ligna.が提供するコーナーです

ligna-HP_main

当社製品: Club Diary
~キャバ嬢・ホステス専用手帳~
成績・顧客・給料・日程など仕事上の管理が一冊で!
詳細は画像から「Club Diary HP」へ!

 

 

そもそも!
お客様は、お店に何を求めてご来店されるのでしょうか?

お酒?
・・・お酒は酒屋さんで買えばいい。

雰囲気の良い場所でお酒を飲みたい?
・・・バーへ行けばいい。

じゃあ、女の子と××がしたくて、という下心?
・・・風俗へ行けばいい。(そちらの方がよっぽど安上がり!?)

それでもないなら、癒し?
・・・それは近い!けれど、どんな状態がお客様癒された状態か、を
間違えている場合が多いし、癒し「だけ」ではダメ。

お客様は、
「限りなく恋に近いときめき」を求めているのです。

接客方法や、キャラによって違う、という反論もあるかと思いますが、
別の方法は、高度かつ成果を得るまでに時間がかかるのであえてお勧めしません。

一先ず、多くの男性が求めている「ときめき」についてご説明。
まずは、男性の「自己尊厳欲求」、つまり、自分は特別で、
大切にされるべき存在、という欲求を満たす必要があります。

それは、どうしたら満たされるかというと、
「尊敬」をしている、「特別な」お客様ということを伝えることです。
褒めて褒めて褒めまくる、お客様の話に身を乗り出して話を聞く。
正直、うわべだけでも何でもいいのです。
それでお客様が、気分が良くなっていただき、
「自己尊厳欲求」を満たすことができればOK。

でも、それだけでは足りない。
そこに、さらに、好意を伝えなくては。
好意はどうしたら伝わるかというと、、、
端的に表現するのは難しいのですが、、、
彼氏に接するのと同じようなイメージです。

普通、彼氏とはできれば毎日会いたいし、
普通にデートやお食事のお誘いを定期的にする。
しかも、もしお店に来てくれたら、少し恥ずかしいけれど、嬉しいもの。

具体的な方法はまたの機会に譲りますが、
まずは、お客様は「ときめき」を求めて
来店されるということを是非心に留めておいて下さい。

 

【甲賀香織 プロフィール】

銀座並木通りの高級クラブで数多くの経営者、大物政治家などをお客様に持つ
ナンバー1ホステスとなる。
ホステスを引退後、株式会社 True Heartを立ち上げ、水商売のための顧客管理・営業支援ツール「Legend」
の企画・販売に携わる。

青山学院大学文学部卒業。東証一部上場コンサルティング会社にて、新規店舗の出店、業績不振店舗の再建などに関する
営業・マネジメント指導、売上げアップのノウハウ創出に従事。

 

 

 

Pocket
LINEで送る




(投稿日:2013年01月30日)